黒実 音子の作った「シャンソン・フュネライユ(葬送の歌)」の動画を一部、
視聴できます(曲名は短く省略しております)。





視聴上の注意


シャンソン・フェネライユの曲種の詳細はこちら


 

●ライブ動画より(オリジナル曲)(動画が準備中の曲は、音源ページに飛びます)







●魔女の賛美歌 第9番 信仰 コメンダティオ・アニマエ


キリスト教の信仰と、魂の旅をテーマにした現代音楽。

 

       

●逆さまのミサ 腐敗した魚のタンゴ


ボードレールのような雰囲気の厳粛な詩を歌う、厳粛なピアノ伴奏による歌曲。

 

        
●死病の行進 ソナタ 第一楽章


リストや、サン=サーンスも挑戦した「死の舞踏」という芸術テーマで作曲した曲。
死者達の怪しげな行進を描きます。

 

        
●死病の行進 第三楽章


リストや、サン=サーンスも挑戦した「死の舞踏」という芸術テーマで作曲した曲。
死者達の怪しげな行進を描きます。

 

        

●三つの黒ミサ曲(タンゴ組曲) (から数曲抜粋)


オリジナルで作ったアルゼンチン・タンゴです。
ブエノスアイレスの荒くれ者達の叙情を歌っています。

 



●墓碑銘 ~サン・ジノサン墓地の行進曲~


死ねばどんな位の者もみんな骨。
フランスジプシー風の荒々しい演奏で、皮肉なメメントモリ哲学
を歌った陽気なミュゼットです。

 

        
悪霊グレイルメイル嬢と愉快な友人達 第1番 おお、我らが美しき蝿の王へ


地獄の悪霊達が歌うミルトンの失楽園のようなオペラ。
パイプオルガンと弦楽で伴奏されます。

 



        
イベリアの豚 墓碑銘のタンゴ


暗い愛憎のタンゴ。

 



●暗い月夜の5つのファド 亡き女のファド


美しいピアノ伴奏で歌われる悲しげなファド。

 



       

●イベリアの豚 第二の月 プエルタ・ティエラの色男


ヒモ男が歌うシニカルなジャズ・ミュージカル。

 




        

●イベリアの豚 アリア


チェンバロ曲。「役に立たない者達のロンド」のアリアに当たり、
ロンドの第二主題が展開されます。

 



●悪霊グレイルメイル嬢と愉快な友人達 第23番 神学論における、ならず者および愚者達の信仰と魂の救いについて


スペインのピカレスク哲学(悪漢哲学)をテーマに、
盗賊、奴隷商人、ジプシー女の三人の世の中の外れ者の
魂の孤独と浄化を描いたミュージカル。

 



       

●悪霊グレイルメイル嬢と愉快な友人達 第26番 田舎の小さな教会で晩年グローデンフェルト神父は平和を祈る


年老いた神父がオルガンを弾いて歌い、
そこに天使達が降りてきて、祝福とこの世の憐れみを歌います。

 




●イベリアの豚 第五の月 モンパルナスの墓守


リュート伴奏で墓守が歌う皮肉と風刺の歌曲。

 




 

        
魔女の讃美歌 第5番 真夜中の信仰と異教の幻想 (聖アントニウスの誘惑)


キリスト教徒が夜に見る異教の幻想と信仰の浄化を描いた曲。

 




       

暗い月夜の5つのファド 埋葬虫のファド 第二変奏


ポルトガルの墓場で土をを掘り、哲学を語る女の歌。
スペイン分学的な、ユーモアとピカレスク哲学の入り混じった不思議なオリジナル
のファドです。

 






暗い月夜の5つのファド 埋葬虫のファド 第一変奏


ポルトガルの墓場で土をを掘り、哲学を語る女の歌。
スペイン分学的な、ユーモアとピカレスク哲学の入り混じった不思議なオリジナル
のファドです。

 


        

●悪霊グレイルメイル嬢と愉快な友人達 第2番 おお、主よ、お救い下さい


パイプオルガンや弦楽の伴奏で歌われるオペラの中の一曲。

 




        
宗教幻想を題材にした6つの詩曲 第3番 女妖術使マリー・ド・ジョルゼルの憂鬱


戯けた道化師による挑戦的で実験的で技巧的な曲。
古い時代の滑稽な道化芝居を再現しています。

 




        
●ピアノソナタ 第1番 イ短調 〜ロシアのサバトの舞踏〜


ロシアの魔女達の怪しげな集会を描いたピアノ曲。

 



       
魔女の讃美歌 第2番 人であるならば迷って生きよ


人間の迷いとそれに助言する天使達の独特な教会音楽。
「怒りの日」の旋律が各所に現れるピアノの難易度の高い曲です。

 



        
宗教幻想を題材にした6つの詩曲 第6番 全てが幻想だったのですか?


イタリアの魔女達の集会の様子を描いた妖しい交響詩。

 





        
●宗教幻想を題材にした6つの詩曲 第1番 葬儀の為のミサ 第一楽章


弦楽の伴奏で荘厳に歌われるミサ曲

 





        
●宗教幻想を題材にした6つの詩曲 第1番 葬儀の為のミサ 第二楽章


弦楽の伴奏で荘厳に歌われるミサ曲

 




        
暗い月夜の5つのファド キリスト(魚)のファド(イントロイトス)


「キリストのファド」の導入部の歌曲です。

 




        
暗い月夜の5つのファド キリスト(魚)のファド(キリスト(魚)のファド / アリア)


オリジナルのファドです。
戯けたファド歌手でもある黒実 音子による道化芝居的なファド。

 

        
●暗い月夜の5つのファド 二匹の蛾


オリジナルのファドです。
現代音楽のような暗い和音のピアノ伴奏によるファド。

 





       
魔女の讃美歌 第8番 フランス風アリア


ピアノ小曲です。
メランコリーともいえる幻想的な旋律が複雑に絡み合い競争します。

 




        
●イベリアの豚 第4の月 役に立たない者達のロンド


世界をトラジコメディーで歌った壮大なミュージカル調の一曲。
ジプシー女と、社会主義者、娼婦がそれぞれ三声の対位法で歌っています。

 




        

●ボティーガス墓地の一夜 第四番 神と墓場の虫のチェス


この世の中を斜めに見た詐欺師の歌うブラックユーモアなミュージカルです。

 

魔女の讃美歌 第10番 カプチン修道会のアリア


かつて自らミイラになり、メメントモリを象徴したキリスト教の一派カプチン修道会をテーマに
信仰の祈りを歌ったミサ曲の一種です。

 





魔女の讃美歌 第3番 主の家を建てるのだってお金が必要だ


世の中をとことん斜めに見て、皮肉った風刺曲。

 






●2ページ目へ


inserted by FC2 system

inserted by FC2 system