◇なぜ「墓の魚」なのか? 〜バンド名の由来〜


楽団名である「墓の魚」の墓は「メメント・モリ哲学」をさし、
魚は「キリスト教」をさしています。

333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333333

まず「墓場」についてですが、
ーロッパの古典哲学や、古い芸術にはよく「墓場」という言葉が登
場します。それは当時、芸術の世界において「墓場」という場所が、
あらゆる人生の終
焉の地であり、人間の繁栄と虚しさ、皮肉、愛、生、
死、全てを表現している哲学的、文学的な場所だったからです。

西洋において
「墓」や「死」をテーマにした芸術は、伝統的なジャン
ルの一つとして何百年も前か
ら存在し、鑑賞されているのです。
そういった芸術ジャンルを「メメントモリ芸術」と言います。

「メメントモリ芸術」
は、現代の芸術では、ほとんど見る事ができ
ませんが、クラシック音楽、
ヴァニタス古楽(中世ヨーロッパの音
楽)、オペラ、フラメンコなどの音楽から、ボードレールゲーテ
シェイクスピア、18世紀の墓場派の詩人達など、古い芸術では、と
ても愛された普遍のテーマでした。

「墓場」には、「繁栄に対する皮肉」などの意味もあり、また、中世
フランスのトンボー(墓)という音楽ジャンルがそうであったように、
「追悼」を表現する言葉でもあります。

そして、「魚」の方の意味ですが、こちらは西洋精神の根底を担ってい
るキリスト教のシンボルが「魚」である事から来ています。

すなわち「墓の魚」とは、「キリスト(=西洋精神)への追悼」とい
う意味を持った名前なのです。



 









葬送のラテン楽団・公式サイト
墓の魚(ペス・デ・トゥンバ)・室内管弦楽団
「人生とは一つの葬儀なのだ」厳粛で陽気な葬送の歌の世界♪

 

 

inserted by FC2 system